使い方いろいろ

ちょっとした小技集

  • 生成コンテンツをWebサーバーで公開して共用する

    ./output/wwwdir/dbdef/ 配下を静的コンテンツとして Webサーバーに配置してください。(“dbdef”は他の文字にしてもOKです)

    /var/www/html/dbdef/
  • バージョン別テーブル定義書の作成

    本番用/開発用で別々のテーブル定義書が必要な場合などの活用したい場合、~/TableDefine/フォルダ自体をコピーしてそれぞれのバージョン用として作成し、それぞれの設定を施してテーブル定義書を作成することで別々のコンテンツが生成できます。

    C:/TableDefine/       ※本番用テーブル定義書
    C:/TableDefine_dev/   ※開発用テーブル定義書
    

    ※実際に利用するHTMLテーブル定義書./output/wwwdir/dbdef/も名前を変更(dbdef/→dbdef_dev/など)して配布あるいはサーバーへ配置すれば問題ないかと思います。また、カラー選択機能を利用することで「本番用」「開発用」など複数種類のテーブル定義書を生成した場合に識別しやすくなると思います。(ツール自体は./output/wwwdir/dbdef/へ出力する仕様となっているので、フォルダ名を変えるのはコピー先のフォルダにしてください)

    以下、開発/結合/本番 用にコンテンツを別々にカラー選択して生成した場合のサンプルです
      開発環境 / 結合テスト環境 / 本番環境
     Version欄に”開発環境”、”〇〇案件環境”などの文字を設定すると、より区別しやすくなると思います