使い方

  • 操作手順
    1. インストール
      ダウンロードした DatabaseDefine.zip を展開(解凍)します
      (./DatabaseDefine/ というフォルダが生成されます)

    2. DatabaseDefine.exe を起動します


      ダウンロードしたDatabaseDefine.zip を展開(解凍)し、~/DatabaseDefine/bin/DatabaseDefine.exe を起動します

    3. 動作設定する
      動作設定画面よりバージョン情報(ラベル)、DBアクセス情報、出力形式などを設定します
      ■メイン画面:動作設定ボタン (動作設定画面 詳細)

    4. 補助情報を設定する
      テーブルリスト、テーブル名、カラム情報、コード定義、JOIN情報などを設定し保存します(この操作は必須ではありません)
      ■メイン画面:補助情報設定ボタン

        → 下記設定ファイル(EXCEL)が開きます
      補助情報ファイルイメージ (DatabaseDefineSubInfo.xlsx)

    5. テーブル定義書生成
      テーブル構造取得、コンテンツ生成を行います
      ■メイン画面:一括実行(①+②)ボタン

    6. コンテンツ参照
      生成したコンテンツ(HTMLテーブル定義書)をブラウザで確認します
      ■メイン画面:コンテンツ参照ボタン

      生成コンテンツイメージ (サンプル)

      ●コンテンツ機能(抜粋):SQL一括生成【操作イメージ動画】

      コンテンツ機能

    7. DDL生成
      DDL文を一括生成して、ファイルに出力します。
      ■メイン画面:DDL生成ボタン

      ■メイン画面:DDLフォルダボタン でDDLファイル出力フォルダが開きます


  • 画面機能詳細
  • 補助情報:DatabaseDefineSubInfo.xlsx